バイクサマーって?

バイクサマーってどんなもの?

 BikeSummer は1999年 サンフランシスコで初めて開催され、以後シカゴ・バンクーバー・ポートランドなど北米地区で場所を変えながら開催されているようです。
 その内容は「夏の自転車月間」とった具合に、およそひと月の間に開催都市を自転車に関する催しであふれかえさせるというもので、サンフランシスコでは開催期間中に77もの催しが企画実行されました。

 日本のバイクサマーは、『いつかバイクサマーを日本に!』の思いを込めて2001年 京都で開催され、その後東京や大阪など場所を変えながらほぼ毎年開催されてきました。 お祭りのスタイルも特に決まったものがあるわけではなく、その時その時で有志が集まってお祭りを作り上げていきます。

どんな集まり?

 バイクサマーは自転車グループの垣根を越えた集まりです。特定の個人・特定のグループのプライベートイベントではありません。
 上記サンフランシスコで77もの催しがあった例からも、特定のグループだけでこれだけの企画実行できないのは明らかです。できる限りたくさんの自転車仲間・グループに企画立案を呼び掛けて、グループ毎に特色あるイベントをみんなで持ち寄ってひとつの大きなお祭りにしていくのがバイクサマーの主旨ではないかと思います。

どうやって参加するの?

 バイクサマーは自由参加です。
日程当日に集合場所に集まるのも参加方法のひとつですが、自分で企画を考えて構成にかかわったり、ホームページを作成したり、このサイトに書き込み編集したりと、どんなふうに参加するかも基本的に自由です。

主催者は?実行委員会みたいなのはあるの?

 バイクサマーには主催者はありません。個々の企画にはその企画ごとに立案者と呼ぶべきひとが居るかもしれませんが、バイクサマーを統括するような主催者というような存在はありません。
言ってみれば参加者全員が主催者。たとえばあなたがバイクサマー当日に集合場所へ向かう事、そのとき誰かを誘って集合場所まで一緒に走ったり寄り道したり、それ自体もバイクサマーのイベントのひとつであり、あなたはその企画の主催者なのです。

開催場所や日程は誰が決めるの?

 日本でのバイクサマーは夏のある週の土日の2日間に開催する場合が多いようです。

「今年バイクサマーやりたいよね。」
「そうだね、やろうか。」
みたいなノリで誰かが自転車仲間に声を掛け、その輪が広がってバイクサマーというお祭りになります。
だから開催地も日程もその話の流れの中でなんとなく決まっていくという感じです。

 もしこの WIKI をご覧になって
「よし、今度は自分の住む町でバイクサマーをやるぞ!」
と思われたなら是非とも声を挙げてください。きっとバイクサマー好きな自転車仲間が寄って集って実現に向けて盛り上げてくれる事でしょう。

  • 最終更新:2011-09-07 11:28:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード